岡田新一設計事務所は日本最大の規模で行われた
最高裁判所庁舎の設計競技に1等当選したのを機会に設立されたものである。


完成した最高裁判所新庁舎は
1975年度の日本建築学会賞・建築業協会賞を受賞。


1974年度・日本歯科大学新潟歯学部、1979年度・群馬県立図書館、
1980年度・筑波大学中央図書館、1981年度・岡山市立オリエント美術館、
1985年度・北海道三岸好太郎美術館、1996年度・宮崎県立美術館、
1988年度・宇都宮美術館、2000年度・東京芸術大学奏楽堂、
2001年度・トッパン小石川ビルが、建築協会賞を受賞。


1988年には、岡山市立オリエント美術館が
第1回公共建築賞(文化施設部門)最優秀賞(建設大臣賞)を受賞。
1988年に福島ホール、1991年に岡山県立美術館および函館山ロープウェイ展望台、
1994年に浜田広介記念館、2004年に武蔵野市立千川小学校が

公共建築賞(文化施設部門)優秀賞を受賞。

 

1994年には、陸別町庁舎コミュニティセンターが公共建築賞特別賞を受賞。
2000年度には岡山市立オリエント美術館、2001年度に最高裁判所庁舎、
2003年には中近東文化センターがBELCA賞(ロングライフ部門)を受賞。
1996年に、宮崎県立美術館が恩賜賞・日本芸術院賞を受賞。

その他多数の受賞をしている。


当事務所がデザインおよび使いやすさ維持管理の合理性をそれぞれ満足させる
質の高い建築の設計を行ってきた結果である。

大規模プロジェクトとしては、最高裁判所、警視庁、新議員会館、筑波大学等
国家的規模の工事を主体とする官庁工事の設計を行っている。


1980年に完成した警視庁本部庁舎は、枢要な機能を持つ重要建築であり、
延床面積10万uにおよぶ大規模なプロジェクトである。
2005年度に第4期工事の完成を見た東京大学医学部附属病院は、
着手より25年を経過する長期かつ15万uを越える大規模プロジェクトである。
その他、首都や国土の再生に対する「東京湾からの発信−東京DCと国土再生」を
都市再生本部へ提案し、活発な活動を行っている。


民間では、日立製作所本社ビル、日本郵船天王州ビル、トッパン小石川ビル、
トッパンフォームズ本社ビルなどの先端企業の枢要な施設の設計にたずさわっている。

岡田新一は、これまでの設計活動が米国建築家協会(AIA)に認められ、
1989年AIA名誉会員として、推挙された。
1996年には、恩賜賞・日本芸術院賞を受賞し、
2004年には、日本芸術院会員に推挙された。
新世紀に入って、「首都東京を創る」理念の実現に向けて、
「東京の森計画」、「国会周辺計画」などの都市プロジェクトの提案活動を行っている。
2004年にはNPO法人「日本の未来をつくる会」を設立し、

副理事長としての役割を担っている。

 

 





■公共建築/密度の高いデザイン

私たちは数多くの建築の設計において、
優れたデザインによる質の高い設計を行っています。
特に地域社会の中心的施設ともなる公共建築は、
地域の社会生活を豊かにする責任の一端を
果たすだけの質の高さを持たなくてはなりません。
デザインにおける質の高さは
コストをかけたがゆえのものではありません。
たとえ、コストが限られていても、 デザインの本質をふまえた質の高さが
保たれなけばなりません。

私たちはこのような施設によって
密度の高いデザイン活動を行っています。


作例

·  最高裁判所庁舎

·  群馬県民会館

·  新潟市音楽文化会館

·  苫小牧市立文化会館

·  福島市音楽堂

·  日本歯科大学新潟歯学部

·  筑波大学

·  シンガポール大使館

·  群馬県立図書館

·  徳島県立図書館

·  岐阜県立図書館

·  和歌山市民図書館

·  郡山市立図書館

·  藤沢市総合市民図書館

·  岡山市立オリエント美術館

·  中近東文化センター(出光美術館分館)

·  北海道三岸好太郎美術館

·  岡山県立美術館

·  宮崎県立美術館

·  宇都宮美術館

·  東京芸術大学奏楽堂

 


 

■合理的建築/システムデザイン

建築には機能に即した合理性が求められます。
特に、病院、複合建築、庁舎、事務所などは、
そのような傾向が強い建物です。
私たちは、建築の持つ複雑な機能をときほぐし、
それらをシステム的に再構成するという設計手法
によって設計を行っています。

東京大学付属病院において行った
システムマスタープランの設計手法は
同病院の将来の展開を保証しています。
20年という長期プロジェクトとして、
建て替えが行われましたが、
その有効性が実証されました。


作例

·  警視庁本部庁舎

·  京都府庁第2行政棟

·  苫小牧市庁舎

·  鹿島建設本社ビル

·  日立製作所本社ビル

·  日本郵船天王州ビル

·  凸版印刷小石川ビル

·  >トッパンフォームズビル

·  日本歯科大学新潟歯学部校舎・附属病院

·  倉敷市立児島市民病院

·  両津市立市民病院

·  岡山県総合福祉センター

·  富山労災病院

·  東京大学医学部附属病院

·  横浜労災病院

·  秋田県総合リハビリテーション・精神医療センター

·  東京都立豊島病院

·  浜松労災病院

·  東京大学医科学研究所附属病院診療棟

 


 

■都市計画/アーバン・ランドスケープデザイン

私たちは建築を単体としてとらえるのではなく
その環境に連繋するものとしてとらえています。
都市環境は建築によって創られるという考えにたって、
より豊かな都市環境の創造を目指しています。
このような設計理念に基づいて、都市計画、
団地計画、再開発計画などの作成を行っています。

函館では、都市計画的な提言を継続的に行いつつ、
具体的なウォーターフロントの
整備計画にたずさわっています。
さらに、アーバンデザインの手法を応用して、
リゾート施設や、地区計画のマスタープラン・
ランドスケープデザインの作成を行っています。
また、私たちの設計の基本にある「都市を創る」考え方が、
日本の国土計画、
国会周辺計画などにおいて具体化しつつあります。


作例

·  大阪城北地区再開発計画

·  三原駅前第一種市街地再開発事業

·  仙台市一番町市街地再開発計画

·  グランド・ハイツ配置計画

·  吉備高原都市中小企業福利厚生施設

·  石狩開発流通センター企画設計

·  岡山市天神山地区開発計画

·  三原市総合計画

·  函館市整備計画の提言

·  いわきリゾートクラブ

·  函館市ウォーターフロント計画

·  天王州地区総合開発計画監修

·  「都市を創る」(彰国社)

·  東京湾ウォーターフロント300%構想

·  「日本の首都を創る/地方分権とともに」(彰国社)

·  新議員会館アドバイザー


 |このページのトップへ|