建築家

岡田新一

独立後初めての竣工作 長崎県大村児童センター(現存せず)

岡田新一 略歴


1928年 東京に生まれる
1955年 東京大学工学部建築学科卒業
1957年 東京大学大学院修士課程修了
      鹿島建設株式会社設計部勤務
1963年 イェール大学建築芸術学部大学院修了
      (Master of  Architecture)
1964年 Skidmore Owings & Merrill 勤務
1969年   最高裁判所新庁舎競技設計最優秀賞受賞
      岡田新一設計事務所 設立

以降、400を超える作品を設計。

2014年 永眠 享年84歳

論文・著作

独立初期に岡田新一が遺した論文の一部を紹介します。

1 デザインにおけるシステムの意味
     SD 1969年 5月  論文はこちら

2 建築における肉体化への道程
   SD 1972年1月   論文はこちら

3 建築と生活との関係
   SD 1973年12月 論文はこちら

4  抽象と細密
   SD 1981年9月 論文はこちら

新首都東京 2000-2300

2000年 彰国社 OSデザインシリーズ10 日本の首都を作る 地方分権とともに 巻頭言

・・・新しい首都を作るためには、首都移転などというコストがかかり時代遅れの方法をとるのではなく、歴史の流れを踏んですでに形を整えている東京をベースに、その弱点を補強し、再構築してゆくことが最も優れた道であると考えその方法を追求しようというのが本書です。これはまた、首都のみでなく、他の地方都市を創ることにも係わる方法を示唆するものです。中央の行政改革、そして地方分権とをともに併行して推進すべき構造改革の時代を迎えて、それらの諸改革は国民が安心して生活できる都市を創ること、国土を創ることに直結するわけであり、そのような都市づくりのビジョンへ収斂していくことを願うものです。本書はそのような視点から取り組んだ東京計画であり、また、同時に日本の国土計画でもあります。

日本の未来をつくる
- 地方分権のグランドデザイン

2009年 文芸春秋企画出版部発行/文芸春秋社発売  NPO法人日本の未来をつくる会編著 表紙帯より

現在の日本はグローバル化の大波に揺さぶられながらも、とるべき進路を自らしかと定めねばならない。それには何よりも明確なビジョンに支えられた国土のグランドデザインを持つべきだろう。それには何よりも明確なビジョンに支えられた国土のグランドデザインをもつべきだろう。現状のように中央政府が弥縫策を連ねるばかりならば、民間から100年いや300年先まで見据えたビジョンを発信するしかない。国家運営の基盤となる新たな州制や税制等々を示した本書が、グランドデザインについてさらに広範な議論を呼ぶ契機となることを望む。

<目次>
刊行にあたって
第1章 第3の変革に立ち向かう日本          岡田新一
第2章 完全自治州を考える             田村 明
第3章 地方分権が21世紀の新たな道をひらく    猪瀬直樹
第4章 コンパクトな国土と都市のビジョン        市川宏雄
第5章 縮小する都市の選択             大野秀敏
第6章 グローバル化経済に対応する地方分権の推進  神野直彦 
第7章 <日本の未来をつくる会>が描く
     国土のグランドデザイン           岡田新一

付章   キーワード
Image

株式会社岡田新一設計事務所は、都市や建築の調査、研究、計画、設計、工事監理をトータルに手掛けます。平成26年10月に岡田新一、平成28年10月に岡田弘子 が他界した後、その薫陶をともにした精鋭たちにより継承されており。現在は津嶋功と柳瀬寛夫の社長2人体制で、これからも良質な建築を提案、設計し続けてゆきます。

© 2017 Okada Architect & Associates. All Rights Reserved.

Search