1976-1992 函館ウォーターフロント計画

1976-1992 函館ウォーターフロント計画

1976年の自治省からの委託研究「地方都市の個性と魅力」において、函館をとりあげて以来、函館のウォーターフロン卜としての個性的な都市構造と歴史的な文脈についての綿密な分析によって、ヒストリープラザ(金森倉庫の改修)、ベイ函館(日本郵船倉庫の改修) 、函館山口ープウェイ展望台、シーポートフラザ(旧連絡船待合所の改修)など、質の高い歴史的建築に新しい生命を匙らせ、次の時代に連繋しうる都市空間の創造に関与している。

詳細はこちらをクリック

Date

2017年05月25日

Categories

レジャー・商業・ターミナル
Image

株式会社岡田新一設計事務所は、都市や建築の調査、研究、計画、設計、工事監理をトータルに手掛けます。平成26年10月に岡田新一、平成28年10月に岡田弘子 が他界した後、その薫陶をともにした精鋭たちにより継承されており。現在は津嶋功と柳瀬寛夫の社長2人体制で、これからも良質な建築を提案、設計し続けてゆきます。

© 2017 Okada Architect & Associates. All Rights Reserved.

Search