2007 新潟市立中央図書館

2007 新潟市立中央図書館

所在地:新潟県新潟市
構 造:鉄筋コンクリート造 + 鉄骨造 地上3階 
規 模:敷地面積:9914㎡ 延床面積:9132㎡

新「政令指定都市」新潟市における図書館サービス網(18図書館+29図書室)の核となる中央図書館。
多目的ホール等の公民館的機能を3階に併設し、1階エントランスホールから専用階段で行き来出来るように接続されている。
旧小学校や古信濃川の記憶を継承する建築環境や、住宅地において巨大にみえ過ぎないように馴染みやすさに配慮した。
直接利用者サービスとともに、ネットワークの物流機能、既存図書館群の活性化も主要な機能と捉え、バックスペースの構成も設計上の重点項目となった。

35万冊の大規模開架スペースを、探しやすく、図書館員にたずねるレファレンスもしやすく、使いこなせる図書館に。
一方、18図書館+29図書室をネットワークする政令指定都市の中央図書館としての物流+情報+スタッフ交流基地としての機能性も追求し、図書館員の職能も発揮しやすい図書館とした。

詳細はこちらをクリック
 

Date

2017年06月02日

Categories

教育・文化
Image

株式会社岡田新一設計事務所は、都市や建築の調査、研究、計画、設計、工事監理をトータルに手掛けます。平成26年10月に岡田新一、平成28年10月に岡田弘子 が他界した後、その薫陶をともにした精鋭たちにより継承されており。現在は津嶋功と柳瀬寛夫の社長2人体制で、これからも良質な建築を提案、設計し続けてゆきます。

© 2017 Okada Architect & Associates. All Rights Reserved.

Search