2015 八千代市立中央図書館・市民ギャラリー

2015 八千代市立中央図書館・市民ギャラリー

所在地:千葉県八千代市
構 造:  鉄筋コンクリート造 一部 鉄骨造
規 模:  地上2 階  敷地面積:10500 ㎡ 延床面積:6289 ㎡

静かな川面に、ときおり風がさざ波を立てていく――。
新川のほとりに、川や風の流れのような幾筋もの壁を建て、そのあいだに空間をつくる。中心となる壁は正確に南北軸に沿って
いる。広々とした空から入る自然光は、壁に柔らかく拡散され、午前と午後とで表情を変えていく。そうした光にやさしく包まれ、明るく豊かな気持ちになれる、市民のための空間づくり――。

市民の生涯学習の幅を広げていくうえで、より高い相乗効果をめざして、
①エントランスを挟んで左右に分ける合理的すぎる配置ではなく、大勢の図書館利用者が自然とギャラリーにも立ち寄りたくなる位置関係に、
②両方の事務室を一体的に整備し、運営側も連携しやすくなるように、幾筋もの壁の置き方で刺激しあえる関係性を構築した。

詳細はこちらをクリック

Date

2017年06月02日

Categories

教育・文化
Image

株式会社岡田新一設計事務所は、都市や建築の調査、研究、計画、設計、工事監理をトータルに手掛けます。平成26年10月に岡田新一、平成28年10月に岡田弘子 が他界した後、その薫陶をともにした精鋭たちにより継承されており。現在は津嶋功と柳瀬寛夫の社長2人体制で、これからも良質な建築を提案、設計し続けてゆきます。

© 2017 Okada Architect & Associates. All Rights Reserved.

Search