2016 北茨城市立図書館

2016 北茨城市立図書館

所在地:茨城県北茨城市
構 造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
規 模:地上2 階 敷地面積 126,837.88 ㎡ 建築面積 1932.97 ㎡ 延床面積 2843.43 ㎡

<野口雨情のふるさと ― シャボン玉をイメージした図書館 ―>
子どもに優しいおとなの住む都市の象徴
<- 野口雨情の故郷にふさわしく->
児童開架エリアを広く開放的に子どものために、子育て世代のために、そしておとなたちのためにも
<「川の流れ」に呼応した「おおらかさ」>
環境になじむように、緩やかなカーブを描く駐車場も図書館も、大自然の一部として新図書館は、既存「市民ふれあいセンター」に隣接配置し、ふたつの施設で共有する駐車場及び都市公園を一体的に整備し、区画全体の有効利用を図っています。
新図書館の特長として、開架点数構成が、開架11万点に対して、児童開架3万5千点となっており、児童開架比率の高いことが特徴です。
児童開架書架は、低書架で構成されるため専有面積を要するため、主要素である開架エリアを、一般と児童に分けて階別によるゾーニングとしました。
あわせてカフェ、雑誌を1階入口近辺に配し、入りやすさと気楽さを導き出し、多様な世代の交流を生み出す空間と使われ方の仕組みづくりをめざしています。

詳細はこちらをクリック
 

Date

2017年06月02日

Categories

教育・文化
Image

株式会社岡田新一設計事務所は、都市や建築の調査、研究、計画、設計、工事監理をトータルに手掛けます。平成26年10月に岡田新一、平成28年10月に岡田弘子 が他界した後、その薫陶をともにした精鋭たちにより継承されており。現在は津嶋功と柳瀬寛夫の社長2人体制で、これからも良質な建築を提案、設計し続けてゆきます。

© 2017 Okada Architect & Associates. All Rights Reserved.

Search