2019(竣工予定) 豊島区立巣鴨北中学校

2019(竣工予定) 豊島区立巣鴨北中学校

所在地: 東京都豊島区西巣鴨3丁目17-1
施主:    豊島区
規模:    敷地面積 約12,970.08㎡ 建築面積 約3,752.96㎡ 延床面積 約9,650.35㎡
構造:    鉄筋コンクリート造 地上4階

巣鴨駅から続く商店街(旧中山道)に面して、開放可能なポケットパークを設け、地域との交流空間を整備する。学校のシンボルであった「れんが通り」を継承し、「植木の里・巣鴨」の記憶を尊重した四季折々の花木を補植することで、地域と歴史のつながる学校を実現する計画です。
校舎は3層吹抜けの「ほほえみホール」につながるように各教室を配置し、学年ごとのまとまりとともに、異学年の交流を促す学びの場を計画。校舎中央部2・3階の学習情報センター(図書室)は、吹抜けのある開放的な空間で、様々な学習形態に対応できる学びの中心空間となっています。
 

Date

2018年08月15日

Categories

教育・文化
Image

株式会社岡田新一設計事務所は、都市や建築の調査、研究、計画、設計、工事監理をトータルに手掛けます。平成26年10月に岡田新一、平成28年10月に岡田弘子 が他界した後、その薫陶をともにした精鋭たちにより継承されており。現在は津嶋功と柳瀬寛夫の社長2人体制で、これからも良質な建築を提案、設計し続けてゆきます。

© 2017 Okada Architect & Associates. All Rights Reserved.

Search