2015 千葉労災病院

2015 千葉労災病院

所在地: 千葉県市原市
施主:  独立行政法人 労働者健康福祉機構
規模:  敷地面積 38,431㎡
     延床面積 30,373㎡
     地下1階,地上7階 
構造:  RC造(免震構造),S造 
病床数: 400床 

千葉ろうさい病院は市原市にある急性期病院です。病棟と中央診療部門が入る診療棟は、災害時の病院機能継続に配慮し、免震構造を採用しました。既存外来棟は最新医療に対応するために全面改修をおこない、新築部分と一貫したインテリア、サイン計画としました。
診療棟と外来棟をつなぐストリート棟にはホスピタルストリートに面してコンビニ、レストラン、カフェが並び、中庭を含めて患者のアメニティスペースとして活用されています。

Date

2018年08月15日

Categories

医療・福祉
Image

株式会社岡田新一設計事務所は、都市や建築の調査、研究、計画、設計、工事監理をトータルに手掛けます。平成26年10月に岡田新一、平成28年10月に岡田弘子 が他界した後、その薫陶をともにした精鋭たちにより継承されており。現在は津嶋功と柳瀬寛夫の社長2人体制で、これからも良質な建築を提案、設計し続けてゆきます。

© 2017 Okada Architect & Associates. All Rights Reserved.

Search