14.道州地方分権/州都計画

table of contents   previous page return to section

地方分権を行うには中央と個々の地方自治体との間に道州制を導入することが、総合的な国土開発をすすめる上で求められることになりましょう.

@新首都東京に対して、そのバックアップ都市として第二首都関西、第三首都中京を計画する。
新首都東京が海域のバ−チャル都市と陸地のリアル都市のヤジロベエ的構成によってつくられたと同様の手法を第二、第三の首都においても採用する。
A第一首都である新首都東京以外の第二、第三の首都は地方分権のための国土再構成の枠組みの中で関西圏、中京圏の中心都市となる。これは道州制分権構成の枠組みへ移行する折に関西圏(州)、中京圏(州)の州都となる。
BWF海域につくられる新都市を核(州都)とする圏域は全国規模で9ヶ所考えられる。
  1. 石狩湾を海域とする北海道
  2. 津軽海峡を海域とする青函圏
  3. 仙台湾を海域とする東北
  4. 東京湾を海域とする関東(第1首都)
  5. 伊勢湾を海域とする中京(第2首都)
  6. 大阪湾を海域とする関西(第3首都)
  7. 瀬戸内海を海域とする中四国
  8. 周防難を海域とする九州山口
  9. 沖縄
全国新都市圏図

page top return to section