ファシリティーマネジメント

<家具、医療機器、備品類の一元管理>
 ファシリティーマネジメントは建築計画、設備計画、医療機器配置、備品計画、動線計画を含めたトータルな作業で、これからの病院運営に欠かせないものです。病院新築時はもちろん、増改築や機能更新の際にも現況調査を行い、コストやスペースに無駄がない、スタッフが働きやすい環境を提案します。


■病棟ステーション

■放射線核医学部門


<先端医療機能実現に向けての基礎調査>
 臓器移植手術室、バイオクリーン手術室など、高機能先端施設の設計にあたり、必要機器と業務の流れを徹底調査します。スタッフと協議の上、必要スペース、機器配置などを提案します。
■術中機器調査


<搬送システム・SPD導入プロジェクト>
 大規模な病院では、各部門をつなぐ搬送計画は運営に対して非常に大きな要素となります。1000床を越える東大病院の計画においては、図1のレイアウト検討図に基づいてステーションの原寸大モデルを作成し、実際の家具を配置して中型搬送機の受け渡しや在庫トレーシステムの実用性を確認しました。
■病棟モデル ■病棟混注スペース ■スタッフ物品搬送頻度