最高裁判所庁舎

JAPANESE SUPREME COURT 1974
| 作品リスト | 次の作品 |

国家の三権の一翼を担う司法の最高機関としての最高裁判所は、国会議事堂、国立国会図書館などからなる霞ヶ関中央官庁街の一画にある。 又皇居にも面するという環境条件から建物は中央官衙街の主軸上に中心空間を配置し皇居の森と濠に向って開けた空間構成により密接に関連づけている。 最高裁判所にふさわしい「品位と重厚」を自由な棟配置、空間のボリュームと展開、石、木、織布という素材の選定によって表現している。


 所在地:東京都千代田区隼町4の2

 規 模:敷地面積   37,427m2

     建築面積    9,690m2

     延べ床面積 53,994m2

 構 造:鉄筋コンクリート構造一部、

     鉄骨鉄筋コンクリート及び鉄骨造

     地上5階 地下2階